高耐震住宅(快間ウォールパネル住宅)

壁倍率2.5倍の耐震性と新省エネ基準1.5倍の断熱性を持つ高性能パネル住宅です。

快間ウォールの主な特徴

快間ウォール

  • 高耐震性能
    大地震でも安心の面材工法です。
    柱間にパネルをはめ込み留めることで、地震などの大きな外力を壁面全体で受けて力を細かく分散できるため、ひずみやねじれが生じにくい高耐震住宅とすることができます。
  • 断熱性能
    新省エネ基準をクリアしています。
    公庫融資「新省エネ基準」の1.5倍以上の厚さの断熱材を使用していますので、優れた断熱性能を発揮します。
    ※断熱材に使用しているEPSの厚さは75mmです。
    住まいを長持ちさせます。
    ESPは保冷箱でも使われるほど耐水性・透湿抵抗性能が高く、経年変化しにくい断熱材です。透湿抵抗が高いため、グラスウールなどに比べて内部結露が起こりにくく、住宅を長持ちさせることができます。
  • 防火性能
    「防火構造」の大臣認定を受けています。
    万が一ご近所で火事が起きた場合でも、もらい火を一定時間防ぐことが出来るので、ご家族の避難時間を確保できます。
  • 環境配慮
    地球にやさしいノンフロン構造です。
    オゾン層破壊の原因となるフロンを使用しないEPSは「グリーン購入法特定調達物品」対応の地球にやさしい断熱材です。

 

 

快間ウォール 快間ウォール

快間ウォールの詳細はリクシルホームページへ

おすすめ情報

太陽光発電

楽しく過ごしてエコロジーな毎日

太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変える仕組みです。ソーラーパネルで作られた電気をパワーコンディショナにより家庭で利用できる電気に変換して、ご家庭で使用することができます。

taiyoukou.jpg

詳細はリクシルソーラーラックへ

長期優良住宅について

各種減税や住宅ローン優遇措置などで賢い家づくり

長期優良住宅とは、良い住宅を建てて、きちんと手入れをして、 長く大切に使うことができる住宅です。美都住建は長期優良住宅に対応した家づくりをサポートします。

詳細は長期優良住宅で建てる家づくりへ

お問い合わせはこちら 上に戻る